ここに気を付けよう!馬プラセンタ

ここに気を付けよう!馬プラセンタ

馬プラセンタもすべてが同じというわけではないようです。
プラセンタは胎盤なのですが、絨毛(じゅうもう)という部分があり、この部分を多く使用しているプラセンタとそうでないものがあります。
この絨毛部分は、胎盤の中でもわずかにしか含まれていない部分であり希少価値が高いと言えます。
この部分は、有効成分が他の部位と比べてかなり豊富に含まれていることから、プラセンタ効果も得やすいということが分かります。

 

また、馬プラセンタサプリの中では、臍帯(さいたい)と呼ばれる部分も使用したプラセンタもあります。
これも希少価値の高いプラセンタということが言えます。

 

馬のプラセンタを使用してサプリメントにしているのですが、このサプリメントもそれぞれ違いがあります。
カプセル状にしているものは多いのですが、カプセルにも種類があり、ちょっとにおいを感じるものもありますし、極めてにおいが気にならないように配慮しているものもあります。
また、個包装にしてあって1回分が分かりやすく持ち運びしやすいものもありますし、1ヶ月分がまとめて入っているものもあります。
それぞれのメリットとデメリットに注目して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。良いものであっても、自分に合わないものという場合も少なからずあるものです。